FC2ブログ

計画チェックが目的だけど…

東進富山中央
07 /13 2013
東進衛星予備校富山中央校では、
夏600時間学習が始まる7月20日に向けて、
夏の学習計画面談を日々行っています。

せっかくの計画が、
計画倒れで終わらないよう、
週一回のグループ面談でチェックをしていく仕組みになっています。

生徒ごとに、何曜日の何時に参加するかが決まっているのですが、
高校生にとって、
「面倒くさいな~」と思う時もあるのが正直なところでしょう。
しかし、週一回のグループ面談は、
目標を定期的に思い出し、微調整できるチャンスの一つなので、
毎週の面談を大切に考えています。

昨日、担任助手のFさんが担当した計画面談で、
今の私は言えない…
というフレーズを発見しました。

今まで立てた計画がうまく進まず、
週間の面談においても、なかなか本人が捕まらなかった生徒が相手です。


内容を横で聞いていると、
どうやら、40日間の学習計画のうち、
まずは、先一週間立てた計画を守って行動してみることになったようです。

担任助手F:「じゃあ、とりあえず一週間やってみよう!そして、来週のこの日に一緒に確認しよう!」
計画の進捗確認のため、一週間後の面談約束に入りました。


今まで、約束した面談がスムーズには進んでいなかったため、
担任助手Fさんは最後にこんな一言。

「わたしに会いに来て!」
「この日は、私に会いに来ると思って来てみて!」


担任助手Fさんらしい、
明るく背中をポンと押されるような、軽やかな一言でした。

生徒の反応はというと、
ふふっと笑いながら「わかりました~!」と楽しく和やかな様子。

私には自然にかけることができない言葉も、
さらっと言えてしまう担任助手Fさんを見て、
人見知りの私が高校生だった頃、
こんな大人が近くにいたら、
絶対に喜んで会いに行って、勉強も頑張ったのかな…
と思いました。

担任助手Fさんの一言が作ったあの雰囲気は、Fさんだからこそのもの。
生徒もそれぞれ、担任助手もそれぞれ、担任もそれぞれ、
いろんな学年の、いろんな世代の、いろんな人柄の、いろんな夢をもった人たちが集う東進は、
本当に面白く、勉強になる場だとつくづく感じます。

今回の生徒と担任助手Fさんの夏の計画が、
あの一言をきっかけにすばらしいものになったらいいですね!

<寺尾>

コメント

非公開コメント