FC2ブログ

掃除・片づけ

志学本校(一斉)
06 /30 2013
こんにちは、川村です。

古いものを整理しようと、家の片づけをしていたのですが…
あまりに古すぎるものがたくさん出てきて驚いています。
まさか自分のランドセルがまだあるとは。
というか保育所時代の作品とかまだあるんですけど、どういうことなの…



自分が中学生・高校生ごろだったころはよく経験したのですが
皆さんの中には学習が切羽詰まった時に限って掃除したくなるってこと
ありませんか?

社会心理学では、これを「セルフ・ハンディキャッピング」といいます。
例)テスト勉強がうまくはかどらなくて成績が心配される場合、
  あえて掃除やゲームをし、学習時間を減らしてしまう。

セルフ・ハンディキャッピングの結果たとえ上手くいかなかった場合でも、
ハンデがあったせいだと理由(言い訳)ができ
自分のプライドや評価を守ることができる、というものです。

人間はまわりから評価されて生きていますから、
悪い評価なんてされたくないもの。
自分のプライドを守る行動は、ごく普通の行動と言えます。

しかしこれでは、逃げているわけではありませんが、目標に近づくことはできません。
皆さんはいい格好をするために学習するのではなく、
自分の夢をかなえるために学習しているはずです。

ぜひセルフ・ハンディキャッピングに打ち克ち
一歩ずつ前へ進んでほしいと思います。


ところで、私は小・中学校や高校・大学と
自分が使ってきた教科書・資料集やノートを保管しています。
過去に自分が習った時の解説やノートの取り方など
少しでも参考になるところを見つけたら、また授業で伝えていきますね。

<川村>

コメント

非公開コメント