FC2ブログ

第3回科学実験教室

未分類
01 /12 2013
今回で5回目となる北陸電力さんとの協力企画、今回のテーマは
放射線について学ぶ!
です。”ベクレル”や”シーベルト”といった単位はニュースなどで
よく聞きますが、目に見えない放射線はなかなかイメージしにくいもの。
そこで今回は、霧箱を使って実際に放射線を目で見えるようにします。
まずは講師の戸田一郎先生特製の霧箱で放射線を見ます。

1月科学実験6
白い線が走っているのが放射線です。(太いほうがα線、もやっとしているのがβ線です。)

次にいよいよ手作りの霧箱を作ります。
霧箱の底に敷くドライアイスを砕く作業に挑戦です。

1月科学実験4

そして、次に霧箱の”霧”となるエタノールを中に入れます。
1月科学実験1

戸田先生によるときれいに放射線をみるためには箱の大きさは
大きすぎても小さすぎてもダメとの事。
そして塩ビパイプで霧箱の上から静電気をかけると
1月科学実験2
先生の特製霧箱ほどはっきりとはいきませんが、放射線をとらえることができました。

最後に、戸田先生による身のまわりの放射線についてのお話を聞いて
今回の実験はおわりました。

私(岡田)は引率者としてやってきたのですが、大人の私にとっても、
非常に面白くためになる実験教室でした。来年度もこのようなイベントは
継続して行っていきますので、興味を持った方は是非参加してみてください。

<岡田>

コメント

非公開コメント