FC2ブログ

映画を見にいってきました。

志学本校(一斉)
11 /26 2012


昨日、小学6年の息子と映画を見に行ってきました。
『のぼうの城』です。

内容はというと...(公式サイトより抜粋)

「舞台は武蔵国忍城(埼玉県行田市)。 
“のぼう様(でくのぼうの意)”と領民から慕われる城代・成田長親は、
天下統一を目指す豊臣秀吉方2万人の大軍を指揮した石田三成の水攻めに、
わずか500人の兵で対抗する。」 という実話です。

と、ここまで書いたけれど、このブログを読むのを途中でやめた人は
ちょっと歴史が苦手な人なのかもしれませんね。

確かに、歴史は難しい教科です。
たくさんの人物が出てくるし、「何でそんなことをしたのか」理由がわからないこともしばしば。
ややこしい上に、覚えることも多いので大変ですよね。

だけど、主要5教科の中で、
映画や小説など、「娯楽作品」になりうるのは国語歴史だけです。
数学や地理を題材として、映画や小説をつくることはできません。

そこが歴史の学習のポイントです。
見た目には難しいと思われる歴史も
1つの物語を読むように学習してはどうでしょうか?
教科書だけでは、歴史的出来事のつながりが分かりづらい時があるので、
「マンガ日本史」などで補うのもいいですね。

さて、『のぼうの城』。
人間として正しいことは、堂々とやるべきなんだ!」ということを学びました。

歴史を勉強するのは、志望校に合格するためではなく、
人生を充実させるためだと改めて感じました。

<広田>

コメント

非公開コメント