FC2ブログ

「琴線に触れる」ってどういう意味?

東進富山中央
11 /07 2012
この「琴線」って読めるでしょうか?

漢字の熟語は読み方が想像できます。
重箱読み(音・訓)や湯桶読み(訓・音)がありますが
困ったら「音・音」で読んでみればいいですね。
「琴」は訓読みで「こと」音読みで「キン」 木琴(モッキン)は知っていますね。
だから、「キンセン」と読めます。

  「琴線に触れる」とは、
心に伝わるものがあって
繊細かつ微妙な感動を覚えること 

を意味します。
    (ことわざ辞典より)

皆さんも本を読んだり、
映画を見たり、
人の話を聞いたりして


この「琴線に触れる」経験を
必ずしているはずです。

以前から東進衛星予備校の富山中央校と高岡駅前校では
「ほめる」ことを重視して、今年の目標にしているとお伝えしています。

この「ほめる」ことでも
「琴線に触れる」ことが、起こり得ます


「心に伝わり、感動を覚える」
ことが…
<布見>

コメント

非公開コメント