FC2ブログ

歴史の重みは味に乗り

旧ブログ(~2009)
05 /19 2006
最近の修学旅行は、関東・関西のようですが、
広島やらなにやらへは、ついぞ出向かなくなりつつあるようです。
筆者も京都・奈良をバスツアーした記憶があります。
限られた時間ですが、普段経験できない色、匂い、音、言葉、味など=異文化体験ができるだけでも、それなりの意味はあるでしょう。

旅といえば、お土産。京土産のひとつに「八ツ橋」があります。
なかなかおいしいですよね。

今回も(?)、義理堅い生徒の一人が「おみやげだよー」と持ってきてくれました。
お気遣いいただかなくてもいいのに・・・といいつつ、しっかりいただきました。
おいしかったです。ありがとうございました。

で、その包みの中に、「八ツ橋」の歴史が書いてありました。
今ではいろんな種類がありますが、
もとは「せんべい(半円、円筒形)」から始まったとか、
元禄時代(!)から作られ始めた、とか。
すばらしい伝統を持った食べ物だったことを改めて確認し、感動してしまいました。
正に、歴史の重みを感じさせる味でありました。
ちなみに、筆者は「せんべい」より「生八橋」が好きです。
ご馳走さまでした。お粗末さまでした。

<kyappa>

コメント

非公開コメント