「俺」→「私」

東進富山中央
08 /04 2017
こんにちは!
東進衛星予備校 富山中央校の寺尾です

さて、
8月2日のブログで紹介した、
「英語4点の先輩」ですが・・・

今は銀行員として頑張っています。

実は、先日偶然にも再会しました。

どこの支店かは聞いていなかったため、
〇〇君はこの時期忙しくしているだろうな~くらいに思っていたのですが・・・

銀行で順番待ちをしているところへ・・・

「寺尾さん」

思わず、場所に構わず、
「〇〇君!!!!!」とおそらく大きな声で言ってしまいました。

校舎で卒業生に会うことはありますが、
社会人として働く現場に出くわすことは滅多にありません。
感激でした

何に一番驚いたかというと・・・

話し方が、
「俺」から「私」に変わっていること。
(自分の呼び方)




もちろん、当たり前のことなのですが・・・

受験生の時も、卒業した後も、
ニコニコ朗らかで、ちょっといじられキャラ、
そんな卒業生としての姿とのあまりのギャップで、
「立派になったね・・・」親戚のおばちゃんのような発言を繰り返してしまいました。

夏は、
勉強の一方、
進路を考える時期でもありますが、
卒業生に会うたび思うこと。

それは、
「将来はわからない」
でも、
「一生懸命最大頑張ってみることがその人を作っている」

大学受験には合格と不合格があります。

もちろん第一志望校合格をしてほしい。

でも、
先輩たちが大変だけれど社会人として頑張っている顔とそのジャンルのプロとしての話を聞くと、
ずっとさかのぼって、
あの時、辛いながらも努力してよかった、個人的には、そんな時期に一緒の時間を過ごせてよかった、
そんな風に思います。

ちなみに・・・
8月1日暗記会の話になり、
「入学してすぐにいきなりあの暗記会参加したはずです。」
記憶に残るイベントとして残っていることに嬉しく感じました

(写真は7年前の暗記会の写真です♪)







<東進をもっともっと知りたいあなたにおススメ★>
有名講師陣を知りたい人は講師紹介サイトへ→東進有名講師陣





ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ


コメント

非公開コメント