FC2ブログ

存在

未分類
10 /15 2011
新聞で毎朝必ず見る欄が3つあります。

うち2つは「結婚欄」と「赤ちゃん欄」。
どちらもその中に知人の名前を見つけると、
朝からうれしくなるものです。

そして残る1つは、亡くなった人のお名前が載る「お悔やみ欄」。
知人がいないよう願いながら見ています。

   *   *   *

しかし、先日、「お悔やみ欄」に見覚えのある名前が。
中学2・3年の時の担任であり、
2年間数学をご指導いただいたT先生でした。

いろいろとその頃の記憶を思い起こしているとき、
ふと気がつきました。

これまでに多くの生徒を見てきた中で、
『図形問題』を指導するときの考え方や黒板の書き方が
T先生のやり方だったということを。

   *   *   *

今の自分が存在しているのは、T先生を含めて
これまでにかかわったすべての人のおかげなのだと
感じずにはいられません。

そして自分も、おそらくは誰かのために存在しているのだなと。


ご冥福をお祈りします。

<浜>

コメント

非公開コメント