FC2ブログ

「また先生の授業を受けたい!」と思ってもらえるように。

志学本校(一斉)
06 /01 2015
富山本校の広田です。

先日、栃木県へ行ってきました。
今年もまた、「全国模擬授業大会」に参加してきました。
とはいえ、今回は出場者ではなく授業参観者としての参加です。
(詳しくは先週の沢崎先生のブログを参照してください!)



「全国模擬授業大会」とは。
全国の名だたる学習塾から、老若男女、さまざまな教師が出場。
今回は17塾から52名が参加されました。
1人15分間で、授業の導入部分を行います。
教科・単元は自由。ただし、チョークは3色まで、それ以外の教具は使用できません。
まさに「授業の達人」を決める大会です。

今年は第10回の記念大会。約30名の中学・高校生も審査員として参加しました。
生徒目線からも、「分かりやすい授業とはどんな授業か」が問われました。

今回、私は出場しない分、全国の先生方の多くの授業を参観することができました。
下の写真は、国語科で優勝した先生の授業(予選)です。


上手な先生方の授業には、1つの共通点がありました。

それは、15分間の授業がしっかりとセグメント分けされていたことです。
「セグメント」というのは、3分間で教師が説明し2分間で生徒が活動(解問・復唱・音読などの学習活動)するという、計5分間の「まとまり」のことです。そのセグメントが、1授業の中に3つあるという授業構成です。

教師の解説を聞ける子供たちの集中力は「3分間」と言われます。
その3分間にどれだけ学習ポイントを盛り込めるか、それは教師の力量によります。

我々志学アカデミー一斉指導の教師陣は、毎週1回、模擬授業の研修をしています。
全国の優秀な先生方から学んだ「技術」を身につけて、実際のみなさんの授業に反映してまいります。
生徒のみなさんに、「また来週も先生の授業を受けたい!」と思ってもらえるような授業を今後とも提供していきます。ご期待ください!

<広田>
ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ

コメント

非公開コメント