FC2ブログ

二十年後か・・・

東進富山中央
06 /10 2014
東進衛星予備校担当の布見です。

 先日6月8日の寺尾先生のブログに「20年後の自分」を
テーマに作文を書いたというのがありました。

 すごくすばらしい活動なのですが、自分(布見)はというと
これを読んで、ふと自分の15歳のときを思い出しました。

(この話の一部は過去に探究か何かに載せた気がします・・・)
 
中学3年生の文化祭で劇をやることになり、そのときのクラスの
I・H君(い○○○へ○○○君)が脚本・監督をしたのが
オー・ヘンリーの『二十年後』というものでした。
(昔の英語の教科書には「最後の一葉」もよく載っていました)

 彼の熱さはすごく、なかなかすばらしい劇になりました。

 その彼とは同窓会などで何度か会っているのですが、
口髭をたくわえた洒落た大人になり、社長として会社を
切り盛りしています。
 熱さは相変わらずで、
仲間のためには力を惜しまず
というすばらしい人間になっていました。


 勉強することも大切ですが、
「心」がより成長しているのは
人としてすばらしいことですね。


 皆さんの「二十年後」どんな人間になっているのでしょう。
楽しみです。
     (自分はそのときまで生きてるかな?)



<布見>

コメント

非公開コメント