FC2ブログ

【動画あり】放射線が目に見える!

東進富山中央
01 /25 2014
原発の事故以来、
ますます恐ろしいイメージを持たれている放射線や放射能。
本日の科学実験教室では、
「放射線」について学びました!



みなさんは、
次の言葉がどんなことを意味するのか正しく知っていますか?
「放射能」
「放射性物質」
「ベクレル」
「シーベルト」

最初に戸田一郎先生が、
「今日の実験で、ニュースで使われている放射線や放射能、
マイクロシーベルトなどという言葉を正しく知って、
意味が分かるようになってくれたらと思います。」とおっしゃったとおり、
丁寧に解説していただきました


基礎知識を教わったところでさっそく実験開始!

実験①放射線量の計測
「はかるくん」で計測しました!


木造の建物内とコンクリートの建物内、海の上や温泉地など、
なぜ、その計測地点によって数値が変わるのかなど、
先生の経験も含めて楽しく理解することができました。

実験②放射線を見てみよう!
目に見えない放射線を、
「霧箱(きりばこ)」という道具を使い、
実際に見てみようという実験です!


それぞれの物質から放たれる放射線は、それぞれの違う飛跡を残していました。



花火のようですね!

今日教わった中で、
「放射線はすべて恐ろしいもの、危険なものではなく、正しい知識をもって考えてほしい。そもそも人の体からだって放射線は出しているのだから。」と熱く語っておられたメッセージが印象的でした。

やはり、
自分で実験してみたり、
計算をしてみたりすることは大切ですね
少なくとも参加者たちには、
一時間前の知識や認識から大きな変化があったように思います

<寺尾>

* * * * * * *

今回は動画も公開します!

【霧箱】


【手作り霧箱】


コメント

非公開コメント