本校個別は「学欲の秋」!!

志学本校(個別)
10 /31 2013
1ヵ月ぶりの登場です。本校個別の山下です。

本校個別は「学習の秋」の準備(じゅんび)万端(ばんたん)でございます。

小6受験・中学3年は受験対策授業が始まりました。秋季テキストに国公立過去問、予想問題に各教科別の入試基礎シリーズなどなど。

中学1・2年生の皆さんは「定期テスト」に加え「中教研テスト」が実施されます。こちらの対策学習も準備(じゅんび)万端(ばんたん)でございます。

小学部の皆さんだって負けてはおられません。「全国小学生統一テスト」が11月3日に実施されます。自分の学力を日本全国の生徒さんの中で試す機会です。

本校個別は「学欲の秋」真っ盛りです。

<山下>

ハッピーハロウィン♪

東進富山中央
10 /31 2013
10月最後の一日
今日はハロウィンですね♪

東進衛星予備校富山中央校では、
頑張った生徒たちにご褒美
ハロウィンキャンペーンを実施中



授業後の確認テストや単語暗記、
単元終了時のまとめテストなど、
今日の努力をたたえて、
ジャック・オー・ランタンをプレゼントしました。
中には疲れた頭にうれしいキャンディーが入っています。



自分の学力を伸ばすためとはいえ、
勉強は辛く苦しい時もあるでしょう。

「一点を取るためにどう行動するか」

励ますこともあるものの、
厳しく指導することも多い一か月でした。

今日で10月も終わり。
明日から11月です。

どんな努力の天才が生まれるのか…
楽しみです

<寺尾>

模擬授業大会に出場しました。

志学本校(一斉)
10 /31 2013
こんにちは、富山本校の田中です。

10月26日、27日に行われた、全国模擬授業大会in名古屋に
富山本校の教師5名が出場しました。

私自身は今回3回目の出場でしたが、
今回の模擬授業大会は過去最多の115名の塾の先生が参加して、
私が見た過去2回よりも本当に高いレベルで授業が行われました。



↑模擬授業大会の様子です。生徒を惹きつける力がすごいです。

今回の模擬授業大会に出場するにあたって、本校の5名の教師は
授業の組み立てから授業の練習まで一生懸命、準備してきました。
その模擬授業の準備・練習をしたことや、
全国の一流の塾の先生方の授業を肌で感じることができたことは
これからの志学での授業にしっかりと生かしていきます。

これからの志学の授業に期待してください。

<田中>

テストを受けた人だけ得られるもの。

志学本校(一斉)
10 /30 2013
11月には様々なテストがあります。

小学部では、全国統一小学生テスト、小6富大附属中模試、月例テスト。
中学部では、全統模試、学校で中教研テスト・期末テスト。


できれば、テストを避けて通りたい。
ほとんどの人はそう思うかもしれません。
受ける前の緊張と、成績が悪かったときのショックをイメージすると、気持ちが沈んでしまいます。

しかし、テストが終わった後の解放感と充実感は受けたものしか得られません。
また、結果はどうあれ、自分の実力を客観的に知ることができるため、次のステップへ上がるための学習項目を知ることができます。「自分が確実に成長できる方法」を知ることができます。

生徒のみなさんだけでなく、志学の教師にもテストがあります。
下の写真は、「成績管理に関する理解度テスト」を全教師が受けている様子です。


生徒のみなさんと同じく、合格点に達していない場合は「再テスト」がありますので、教師のみなさんは必死です。
「必死」になった分だけ、得られるものがたくさんありますし、成長もできます。
先月よりも教務レベルをさらに高め、みなさんの授業に生かしていきます。

テストといえば、富山本校では11月4日(月・祝)に中教研テスト対策を行います!
詳しくは、富山本校 0120-17-5555までお問い合わせください!


<広田>

もうすぐ中教研!

志学本校(一斉)
10 /30 2013
こんにちは!富山本校の花崎です!

2学期中間テストも終わり、ほっとしたのもつかの間…

来週11月6、7日には中教研が待っています!

中教研は中間テスト、期末テストと比較すると出題範囲がとても広いんです!

中学校で学習したほぼすべての範囲が出題される可能性があります!

今、学校で学習している範囲だけ勉強しても高得点は取れません。

しっかりと今までの範囲を復習し、中教研に挑みましょう!


テストが多い時期ですが…

みんなで一緒にがんばるぞ!!

<花崎>

全国統一高校生テスト実施!!

東進高岡駅前
10 /27 2013
東進衛星予備校高岡駅前校では
ただいま、
全国統一高校生テスト
の真っ最中!!

高校1~3年生までの生徒たちが、
真剣勝負に挑んでいます

全国統一高校生テスト1
(↑主に高3生の試験教室)
全国統一高校生テスト2
(↑主に高1・2生の試験教室)

高岡駅前校生だけでなく、
友人紹介を中心に、
外部からも30名を超える高校生が
受験しに来ました

教室はたくさんの生徒たち


頑張れ!全国の高校生!!

<中嶋>

言葉の真意を考える?

東進富山中央
10 /26 2013
東進衛星予備校担当の布見です。

東進では『12月がスタート』となっているので
富山中央校と高岡駅前校では今週説明会を開催しました。

私 布見は、富山中央校の担当をしたのですが、
毎回終了時に、ご父母の皆様にアンケートの記入をして
いただいています。

その中で、今回はちょっとドキッとした感想がありました。 
それは、たった一言
「おまかせします」   
        とだけ書いてあったのです。

すべてお任せしますという意味だと思いますが、
ものすごく重みを感じる言葉です。


信用をしていただいているなと嬉しく思う反面
信用を裏切ることは絶対にできないというプレッシャー
『自分も覚悟が必要』と気が引き締まりました。

絶対に志望大学に合格へと導きます。
努力の天才を目指す。


<布見>

2013秋季高校入試ガイダンス前日!

志学岩瀬
10 /26 2013
こんにちは、岩瀬教室担当の高橋です。

タイトルにもある通り、明日10月27日(日)に「2013秋季高校入試ガイダンス」が午前9:30より富山大学黒田講堂にて実施されます。

入試のしくみや学習法、そして毎回特に好評をいただいている先輩の成功事例などをお伝えしていきます。中3受験生はもちろん、ほかの学年の生徒も知っておいて役立つ情報ばかりなのでぜひぜひご参加ください!

さて、春にガイダンスの第1弾が実施される直前には、私は当日の発表者になっていて緊張しているという内容でこちらに書き込みさせていただきました。今回は、当日お越しいただいた皆様にお渡しする資料の作成担当になり、直前まで準備をしておりました。よい物が出来上がったといえますので、皆様に見ていただくのが本当に楽しみです。

これまでの経験上、当日の発表者はもちろん大変ということはわかっておりましたが、今回資料の作成担当に携わって、裏方の仕事の大切さに気付かされました。いま学習している生徒のみなさんにとっても同じことが言えると思います。もちろん主役は実際受験を目指して頑張る生徒のみなさん自身ですが、それにはやはりご家族や学校の先生の支えが必要ですよね。もちろん志学の教師たちもついています。ですので、一人で頑張っていると思わず、受験勉強は団体戦だという気持ちで一緒に頑張っていきましょう!!

<高橋>

そろそろ本番です。

志学本校(一斉)
10 /21 2013
こんにちは

みなさん10月27日の予定は決まっていますか?
ちなみに私は10月27日に全国模擬授業大会に参加してきます。大会はまだ先だというのにいまからかなり緊張しています。大会の様子もブログで紹介していきますので、楽しみにしていてください。

さて、そんなことよりみさなん10月27日は秋季高校入試ガイダンスがあるんです!!
高校入試に向けた効率的な勉強方法、入試の仕組みなど役に立つ情報をお話しさせていただきます。現在ガイダンスの準備もちゃくちゃくと進んでおり、完成が待ち遠しいです。

入試の仕組みを知っておくことで心の余裕もいくらか生まれて受験までの残り5か月間しっかりと備えることができるはずです。ぜひ10月27日は9時30分から富山大学の黒田講堂にいらしてください。

模擬授業大会の会場からみなさんが来てくださるのを楽しみにしております。もちろん大会も頑張ってきます。

<沢井>

やっぱり直接聞くことが大切。

東進富山中央
10 /20 2013
東進衛星予備校富山中央校の寺尾です。

10月19日法政大学入試説明会を実施しました。
今年も、法政大学進学アドバイザーの小池さんにお越しいただき、
法政大学だけではなく、
私立大学入試についての貴重な情報をたくさんいただきました



私立大学専願の生徒、
国公立第一志望で私立大学受験も考えている生徒、
たくさんのご参加ありがとうございました。

説明会では、映像での説明や
気になる卒業後の就職状況、
合格者不合格者の貴重なデータも紹介されました。

説明会中は、
みなさん、しっかりとメモをとっていました


合格者・不合格者の点数差はなんと「0.1点」
点数分布や問題の構成データが画面に出るたび、
会場がザワザワ…
受験の厳しさを改めて実感したようです。

法政大学さんと富山中央校は、
今年で8年のお付き合いになります。
地方ではなかなか入りにくい私立大学入試の生の情報を、
毎年このような機会にご提供いただいています。

パンフレットやインターネットだけではわからない、
生の情報を手に入れるのはなかなか難しいもの。

チャンスがあれば、
自分の目で見て、
自分の耳で聞いて、

考えてみることが大切ですね!

<寺尾>