勉強意欲のスイッチ押されました!

東進富山中央
05 /31 2012
こんにちは!
東進衛星予備校・小6錬成クラス文系担当の寺尾です。

今日はお休みを利用して長野県まで来ています。
道中、予定外に立ち寄ったところ、それは…

「さらしなの里 古代体験パーク」 (←クリック!)
土偶

ここでは古代の生活についての展示や体験をすることができます。
「体験」という言葉に弱い私は、
縄文土器や石器をつくる体験に飛びつきました。
が、作成所要時間が長かったため断念。
その代わり、縄文時代の住居体験をしてきました!
住居

ちょうど先月縄文時代や弥生時代を小6錬成クラスで
学習したところだったので、授業内容を思い出しながら
生徒のみんなにたくさんの土産話ができました♪

例えば…

縄文時代にもクッキーなるものがあったらしいです!
クッキー

毎回いろんな経験をするたびに思いますが、
自分で見たり聞いたり体験した瞬間に
興味が出たり面白くなったりしますよね!
私は今回の旅で勉強意欲のスイッチが押された気がします。

勉強は時には我慢してやるしかないものですが、
辛いばかりにならないで、
能動的に動いて意欲を燃やすのもいいですね!

<寺尾>

中間テストも終了ですが……

志学本校(個別)
05 /30 2012
中間テストが終了し、ホッとしている生徒さんも多いと思います。
が、すぐに期末テストですね。
ここは気を抜かず、一気に期末テストに向けて突っ走った方がよさそうですね。
気持ち良く夏休みを迎えるためにもね。

<山下>

全力志学!

未分類
05 /29 2012
全力志学!

窓ガラスの文字を、ウェブのリニューアルに合わせて
変更しました。

道路に面している窓が5個で、
「全」「力」「志」「学」「!」がちょうど5文字。

まさに、これを貼るのが運命だったとしか思えません!

(写真見て「窓、6個じゃない?」と思わないように。
一番右は、お隣のテナントの窓です。)

とにかく、全力でいきますよ!

<浜>

中間テストの結果が今から楽しみ

志学堀川
05 /28 2012
5月26日(土)・27日(日)に志学アカデミー堀川校で
「1学期中間テスト対策」が行われました。

校舎がOPENすると同時に続々と生徒が集まり始め
学校で使用しているワークや、志学で使用しているテキストなど
それぞれの課題に真剣に取り組んでいました。

堀川校の生徒は学校のワークをほぼ完成させて、
2回目、3回目に取り組んでいます。

「中間テスト対策授業」も行われ、試験範囲に合わせて作成された
対策プリントや予想問題を解いて、これまで勉強してきたことを
チェックすることができました。

テストの結果が今から楽しみです。

1学期は中間テストが終わるとすぐ期末テストです。
「1学期期末テスト対策」は6月23日(土)・24日(日)に
予定しています。

<田中>

校舎視察

東進高岡駅前
05 /26 2012
全国に約800校ある東進衛星予備校。

その中でも、全国の向上得点ランキング上位常連校、
高速基礎マスター講座も北陸トップの修得率を誇る
東進衛星予備校金沢南校に
中嶋が視察(校舎見学)に行ってきました

金沢南校

さすが、全国の東進最優秀校に選ばれる校舎はすごい
生徒の学習の取り組み方、
校舎・スタッフの熱意
見習う点がたくさんありました。

毎週、グループごとに面談をしている、
とのことで、その様子を見させてもらいました。

金沢南グループ面談

担任助手が中心となって、
みんなで受講の進み具合を確認しています。
生徒のみんなも真剣に
担任助手の話を聞いています。

担任・スタッフのやる気がそのまま生徒のやる気に、
そしてやる気のある生徒のために、担任はさらにやる気になります!!
いい循環ですよね

金沢南校の東進生も頑張っています。
それと同様に、全国の高校生も頑張っています。
ライバルは全国にいることを意識しないといけませんね。

良い校舎の、良いところを、
高岡駅前校にも
どんどん取り入れていきたいと思います


<中嶋>

学習型修学旅行

志学呉羽
05 /24 2012


5月24日、富山を修学旅行で訪れていた
東京の筑波大学附属駒場中学校3年生の5名が
志学アカデミー富山本校に来校されました。

同中学校は現地調査型の修学旅行を伝統的に行っており、
その一環として、当校で富山県の高校受験、
大学受験の状況や学生生活についての調査を行いました。

※筑波大附属駒場中学校ってどんな学校?
 筑波大付属駒場中学校(通称:ツクコマ)は
 東京都世田谷区駒場(​東京大学の近所です!)にある国立の中学校。
 各学年120人の男子高で、同じ系列の附属高校(1学年160名)からは
 毎年100名程度の東大合格者をだしている。
 中学入試の偏差値では、いわゆる私立男子校の御三家(開成・麻布・武蔵)を
 上回る、まさに首都圏最難関校である。

<廣瀬>

テストの見直しは、どうすればいいの?

東進富山中央
05 /22 2012
東進衛星予備校では模試を受ける最も重要な意義を
次のように言っています。

「模試を受けている最中が最も学力が伸びる」

そして「模試の内容を完全に理解するために」次のような手順をふんでいます。
  ①自己採点
  ②解答解説の内容理解
  ③合格指導解説授業の受講
  ④成績表から目標・計画設定
これが、模試の点数を伸ばす手順なのです。

たまたま今日5月22日の北日本新聞に次のような記事がありました。
 (1)高校受験の中学3年生  6割「勉強法わからない」
   記事には「個人的見解だがテストの後の復習の仕方など
   基礎的な学習法を習得する能力が落ちている子どもが
   増えているのではないかと感じている」とありました。
 (2)現代女子中学生事情  「平均点は何点ですか」とよく聞かれる。
   記事には「最も重要なのはテストの後だ。
   間違った問題をしっかり振りかえり分析する。
   なぜ間違ったのか。この問題のポイントは何か。
   辞書を引き、資料を探す。
   直す過程で、自分の弱点や新しい発見をする。…

…生徒には「テストはレントゲン」と説明する。
レントゲンは病気の原因を探す手段。
だからテストは自分の弱点を知るためのもの。」とありました。

テストの後に「間違い直しノート」の作成が待っている人もいるでしょうが、
まとめることが大事なのではなくて、「何が」大事なのか考えると、
すぐにわかりますね。

<布見>

「答えは?」

未分類
05 /20 2012
 ←T君

火曜日からの中間テストに向けて、
提出物のワークをやっている中1のT君との会話。

 「あれ? 答えは?」
 「配られてない。月曜日に丸付けするって。」
 「…… ハァ?」 (←ややキレ気味)

これって、月曜日に例えば体調不良などで休んだ場合、
間違い直しできないまま、火曜日のテストを受けるってことですよね。

ありえないです!!!

「修正なくして、成長なし」
勉強には様々な手段・方法がありますが、ワークの問題を解くというのは、
間違ったところを直して、それを覚えたり解きなおしたりすることで
初めて効果がでるのではないかと思うのです。

やり場のない軽~い怒りを抑えながら、生徒の質問に答えている、
日曜のテスト対策のひとコマでした。

<浜>

中間テストのワーク仕上げday☆

志学堀川
05 /16 2012

昨日、修学旅行から帰ってきた堀川中学の三年生(((o(*゚▽゚*)o)))

今日の振替休日を利用して、中間テストにむけ早速勉強開始です✨

まずは、提出物仕上げです。

入試に大事な内申点のため、みんなとてもがんばっています。。

<坂本>

東進説明会

東進高岡駅前
05 /15 2012
東進説明会
↑ついつい説明に熱が入ってしまう中嶋です。

昨日のブログで布見先生が載せていますが、
東進では、今週、学年ごとに
「東進説明会」
を実施中。

お母様方が熱心にメモを取りながら
説明を聞いてくださっています。

本日は高3生対象、
ということもあり、
「大学受験の基礎知識」
「これからの学習」
「ご家庭での指導」
など、盛りだくさんの話題を取り上げました。

東進では生徒の様子をご家庭にも伝わるように、
定期的に説明会を実施します。

これからも保護者の方とも
情報共有できるように、
連絡を密にしていきたいと思います。

<中嶋>