準備OK

旧ブログ(~2009)
10 /28 2003
わたしは、うちで飼っているゴールデンレトリーバの写真が載っている
来年のカレンダーを買いました。
とても可愛いです。
それから平成16年の手帳も買いました。
準備OKです。

でも年はとりたくないな。

<Ewing>

あと2ヶ月

旧ブログ(~2009)
10 /28 2003
あちこちのお店でクリスマスグッズや2004年のカレンダー、
年賀状グッズを見かけるようになった。
もうそんな季節かと感じたり、新しい年を迎えるのが楽しみだったり、
いろいろな思いがよぎる。
あと2ヶ月、充実した一年だったと納得できるようベストを尽くし、
そして新しい年にはさらにレベルアップすることを誓いたいと思う。

<パイン>

日本シリーズ

旧ブログ(~2009)
10 /25 2003
日本シリーズ、阪神が3勝2敗で日本一に王手をかけた。
先週から体調が悪く2連敗で死ぬかと思ったが、なんと3連勝。
日本一になれば、夏期講習会で発見した円形脱毛もなおると信じている。
ようやくバーバーへも行けるというもの。
オイラと日本中を黄色と黒で染めてくれ。

<もやし>

 * * *

富山には阪神百貨店もダイエーも無いからどっち勝ってもいいわ。
それより松井君に頑張って欲しい。

 * * *

東進衛星予備校の高2生の女の子。
学校対応化学を受講してている。
ここだけの話だけど、40点から100点になった。
ここまで伸びるのは珍しいけど、理科は凄く伸びる子が多い。
他人には内緒。高校では、まともな理科の授業が少ないらしい。
シーッ。

心・気持ち

旧ブログ(~2009)
10 /24 2003
最近「心・気持ち」についてよく考える。
つらいことがあったとき「ツライ」と感じる心なんてどうしてあるんだろう・・・とか。

とても急いでいるのにやけに信号に引っかかって「今日はツイてない」と考えたり、
同時に「これが急いでいないときには、気にならないのだろうな」と考えたとき、
何でも気の持ちようだな…とか。

イメージトレーニングが大切という話を聞いたとき、確かに…とか。

つい先日もテストの点数を言いたくないという顔をした生徒と、
「次は一緒にがんばろう」と思うときも、
「早く報告したくて仕方ない」というような顔の生徒と
「良かった!」と喜ぶ体験ができるのも『心』があるからだ…とか。

<A>

 * * *

NHKの「こころ」は終わりました。今は「てるてる照子」。
「こころ」:広く人間が意志的、気分・感情的、
また知的に、外界にむかって働きかけていく動きを、
すべて包括して指す言葉。気分・感情の動き。

何気ない一言

旧ブログ(~2009)
10 /23 2003
随分以前のことだが、理科の「天体」が分からない生徒がいた。
星の動き、太陽の動き、季節と星座の関係などなかなか理解しにくい単元ではある。
実際に星が1時間に15度動いている様子など観たことがない。
だから余計に実感しにくいのだろう。

あとでその子の母親から聞いたことだが、
「先生が、『宇宙のこと全てを机の上だけで分かろうというのは無理だよ』と言われたことで
こどもが楽な気持ちになり、かえってわかるようになった」と言われた。

教師の何気ない一言で生徒はやる気にもなり、やる気もなくす。
改めて気をつけたいと思ったあの時と同じような夜空の美しい夜だった。

<リンダ・リンダ>

タイミングとトレーニング

旧ブログ(~2009)
10 /22 2003
ある生徒がどうしても方程式が解けないでいました。
塾の授業だけでは、理解するのにも限界があります。
そこで、同じパターンの問題を60題宿題にし、
解き方別に色分けしたプリントを渡し、
お母様にも問題の進め方を説明し、
60題を終えるようお願いしました。

1週間後、60%の期待で本人を待ちうけました。
宿題は60題全部完了。
方程式は、完璧に解けるようになっていました。
できるようになるのは、タイミングとトレーニングの成せる技。
うまくいった例でした。

<阪神V>

成績を上げたい

旧ブログ(~2009)
10 /21 2003
昨日、入会の申し込みがありました。
受験を控えている中3の男子です。
中1から柔道部に所属し、部活一筋で今日まできたため、
机に向って勉強したことはほとんどないとのこと。
今までは母親が何度も塾を勧めても嫌がっていたのが、
最近になって「塾に行きたい、成績を上げたい」と
本人から言ってきたそうです。
面談時、志望校もはっきり決まっていて、顔つきも真剣でした。
受験勉強はこれから始まります。
全力で応援したいと思います。

<Air/Cook/Sky>

 * * *

※成功哲学の第一歩は「目標設定」です。
そして目標実現に向って「目標行動」を起こします。
目標が明確なら努力も苦になりません。
自分が決めたことですから。
目標の無い所に達成はありません。
皆さん大きな目標をかかげましょう。

世界はきっと平和

旧ブログ(~2009)
10 /20 2003
教室で授業をしていたとき、
突然隣にいた女子小学生が「先生、わたし、今日誕生日」。

すると、逆隣にいた男子中学生が「じゃあ、これやる」といって
自分の筆箱につけていたマスコットをプレゼント。

ほんの短い時間のなかでの出来事。
でも、心温まるシーンだった。

このとき思い出した映画が「ペイ・フォワード」。
主人公の少年が無償で他人を助ける。された人はまた次の人を助ける。
これを繰り返せば世界はきっと平和になる。
今日、マスコットをもらった子は、
きっと誰かにもこのうれしい気持ちをカタチにして伝えるだろう。

<巨峰パフェ>

 * * *

Pey it forwardが原題。
私も観たよ。この映画は☆4つ。
戦場のピアニストより感動。
見ていない人はDVDで是非。

真剣な表情

旧ブログ(~2009)
10 /17 2003
中3受験ゼミも始まり、中3はいよいよやる気が出てきて、
これまであまり見なかった真剣な表情に出くわし感激する。
あと4ヶ月。全員合格へ向けこちらも気合が入る。

入会問い合わせのとき、その理由が「こどもがやりたいと言ったので」が多い。
親としてこどもの教育方針が明確でないことが多い。
この場合決まって「こどもがいやだと言ったので」で退会する。
これでいいのかな

<ジャクリン>

暗記する

旧ブログ(~2009)
10 /16 2003
よく生徒から「暗記が苦手だけど、どうすればいいの?」と聞かれる。
私自身もともと暗記は得意なほうではなく返答に困ることがある。
はっきり言って、すぐ暗記できる人などいないと思う。
暗記できたのは、暗記できるまで何回も何回も
繰り返し覚える努力をしたから覚えられたのであり、
覚える前に止めたから暗記できなかったのである。
だからその差はほんの少しの回数の差。
苦手と言う人は記憶できるまで、
人より繰り返し回数が多くかかるから苦手と感じているのだろうが、
暗記が得意と思われている人は人知れず努力していることを忘れてはならない。

あのイチローは、彼を「打撃の天才」と呼ぶ記者にこう答えている。
「僕は理論通りに打っているし、打つための努力をしているから天才ではない」…

「暗記する」は英語で[learn by heart]と言う。
頭でなく「心で覚える」気持ち大切に。
だけど脳に汗かくトレーニングを繰り返さない限り
「心」には届かない。

<ジェームズ>