やる気が出ない時には…

今日のコラム
09 /06 2017
よく生徒からこういう質問を受けます。

「勉強をしなくてはいけないと思うのですが、なかなかやる気が出なくて後回しにしてしまいます。やる気が出る方法はありますか。」

やる気は脳の真ん中にある側坐核(そくざかく)という部分が関係します。側坐核が活発に働くとやる気が出てくるのです。

ではどうすれば側坐核が活発に活動するのか。
そのためには、実際に行動することが必要です。問題集やノートを開いて、手を動かして問題を解くことで側坐核が活発に動き出し、勉強するやる気が出てきます。そして一度側坐核が動き出すとやる気はどんどん出てきます。あまり乗り気でなかった部屋の片づけを始めてみると、必要以上に部屋を片付けてしまったというような経験はないでしょうか。ほんの一歩、行動を起こすだけでやる気が引き出され、できていることでストレスがなくなり、やればやるほどさらにやる気が引き出されていきます。

その最初の一歩を踏み出すためには、できるだけ負担の少ないものから始めることがいいと思います。例えばこれまで解いた問題を見直すことがおすすめです。それから体を動かすことで側坐核が反応します。勉強を始める前に散歩するのもいいでしょう。



<富山本校 田中>
ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ

ひと工夫の勉強法。

今日のコラム
06 /10 2017
【今日は田中先生のコラムです。もうすぐ期末テスト。勉強の仕方もちょっとひと工夫してみましょう。】

学校の授業だけで無く、部活動や委員会の仕事、習い事などで、忙しい毎日を送っている人が多いと思います。
そんな中で、勉強する時間をたくさん取ることは大変です。そこで効率よく時間を使う必要がありますが、ついぼーっとテレビを見たり、だらだらスマートフォンを触ったりしてしまう人も多いと思います。
ここでは、効率よく勉強する方法を紹介したいと思いますが、その前に1日の生活の中で下記のように、無駄に過ごしている時間が無いかチェックしてみてください。

□テレビをぼーっと見ている        
□ゲームを長時間している
□YouTubeをだらだら見てしまう   
□友達とLINEで長時間やりとりする

1日は24時間しかありません。
効率よく勉強するためには、まずは無駄な時間をけずる必要があります。

それでは効率の良い勉強法に進みます。
効率よく勉強するために注意すべきポイントが3つあります。

ポイント①勉強する時間について
大人の集中力が続く時間は平均してだいたい90分と言われています。中学生くらいになると平均して50分です。学校の授業も50分ですよね。ですから、勉強時間も50分にすべきです。50分勉強して10分休憩する。そしてまた50分勉強するというサイクルで勉強していくと効果が上がります。

ポイント②食べ物と飲み物について
食べ物と飲み物を意識することは勉強にとても大切です。まず食べ物ですが、炭水化物と糖分を取るようにします。炭水化物は長時間のエネルギーとなるので、長時間勉強することができます。糖分は一時的に血糖値を上げてくれるので、集中力が出ます。朝起きたらご飯やパンをしっかり食べて、休憩時間にチョコレートなどの糖分を取ると、長時間集中して勉強することができます。それから水分もとても大切です。水には身体にたまった不純物を洗い流してくれる効果があります。勉強でたまった疲れを洗い流してくれます。休憩時間にはこまめに水分を取るようにしましょう。

ポイント③勉強する時間帯について
午前中は、計算問題や英語の音読などで頭を目覚めさせます。それが終わったら前日に勉強したものを復習しましょう。昼過ぎは国語の読解問題や英語の長文問題を解きます。ただし、昼過ぎは眠くなる時間帯でもあります。もし眠くなったら15分くらい昼寝をすると頭がすっきりして集中できるようになります。夜は社会の用語や英語の単語など、暗記系の勉強をします。人間の脳は寝ている間に記憶を整理します。ですから、寝る前にできるだけ知識を詰め込んで、勉強した後は、すぐに寝てしましましょう。
これらのポイントを意識して、効率よく勉強を進めていきましょう。


ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ

レジで並んでいるといつも思い出す。

今日のコラム
06 /06 2017
コンビニのレジで待たされると、いつもこの問題を思い出します。

<以下は、中3「公民」の定期テストで実際に出された問題です(一部改題)。>
material20170606 2
〔説明文〕
資料の並び方では、レジ2の客Bが早々と会計を終えた場合、レジ1とレジ3ではまだ順番を待っている客がいるにもかかわらず店員2は仕事がない状態となってしまう。また、遅れて並んだ客がレジ2で先に対応してもらうことができてしまう。


【問】
上の〔説明文〕を参考にして、並び方が公正でないのはどのような点か、また、効率的でないのはどのような点か、それぞれ簡潔に答えなさい。



大人のみなさん、中3の生徒たちは、こんな問題を学校で勉強しています。

では、上の答えです。

【答え】
レジ2で仕事がないのに他のレジで並んでいることが効率的ではない。また、遅れてきた客が先にレジ2で対応される可能性があり公正さに欠ける。


この問題の後、第2問目では「お客さんはどのように並べばよいか」を図示する問題が続きます。

一見、常識問題のように見えますよね。
でも、現実の世界ではそうそううまいわけにはいかず、
「後から来た客が横入りした」 「ずるい!」って、ちょっとイラっときたりするわけです。

譲り合えばすむことなのに。

毎日、心にゆとりを持って楽しく過ごしたいですね。

ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ

「YouTube、SNSから離れられない!」

今日のコラム
06 /03 2017
【今日のコラムは、「YouTubeやSNSをやりすぎないようにするには」です。】

質問:
「パソコンやスマホを使っていて、気がつけば2~3時間経っていた…ということがよくあります。いけないと思うのですが、どうすればよいでしょうか。」 (高1女子)

返答:
 まず、「今の状況はいけない」と考えられていることが素晴らしいと思います。「ムダな時間を過ごしているのではないか?」と相談者さんのように自分で考え、時間の使い方を意識することは非常に大切です。ここでは、意識してみてほしいことをアドバイスします。

●目的をもって使っているか?
 「好きな本の発売日を知りたい」「誰々のブログが読みたい」「どうしてもみたい動画がある」など人それぞれ目的があるかと思いますが、「何の為に自分はパソコン(またはスマホ)を今使うのか?」を使用前に一度考えてみてください。見たいものだけ見たら、後はすぐに電源を切って勉強や就寝にうつるというように、自分の行動をコントロールしてみましょう。

●つい色んな所が見たくなる→自分で制限をつくる!
 Twitterなら様々な人の情報が見られますし、動画サイトなら「関連動画」といった、つい興味が出て見てしまいたくなる仕組みになっています。その場合、「あと10分間だけ見る」「動画は見たいものを1つに絞る」というように、まず自分で制限を作ってしまいましょう。制限がない=ルール無用という状態が、「気づけばパソコン・スマホ使用で数時間経過」という問題を引き起こしてしまいます。

自分でしっかりと使用目的や使い方を考えた上で、パソコンやスマホとうまく付き合っていけたらいいと思います。



ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ

「何のために勉強するの?」

今日のコラム
06 /01 2017
【今日は、林田先生(和合教室)のコラムです。】

「何のために勉強するの?」
「こんなこと勉強しても将来使うことないのに!」

実際に、授業をしていて、わからないことや面倒なことが出てきたとき、生徒の皆さんの口から直接聞いたことがあります。

何のために勉強するのでしょうか? 考えたことありますか?

「自分自身を成長させるため。自分自身を磨くために、いろんなことを知ることから始めるんだよ。」 

これが、私が生徒の皆さんに答えるときの言葉です。


勉強する本当の意味はどこにあるのでしょうか?
やはり、自分自身が何をしたいのか、将来何になりたいのか、それらを見つけるために、今はいろんなことを知る必要があるのではないでしょうか。

今は、「自分が何をしたいかわからない」という人もいるでしょう。
勉強は、自分の将来の選択肢を広げるためにも必要なのではないでしょうか。
国語や社会は好きだけど、数学や理科は嫌いといっている人も、将来もしかしたら、ロボットを作る技術者になっているかもしれません。
勉強することは、将来の自分を作り上げて行く過程だと思います。知らなかったことを知ることはとても楽しいはずです。皆さんも、わからない問題が解けたときの気持ちを思い出してみてください。それを繰り返していくことが勉強ではないでしょうか。

いろいろな人がいろんなことを言っています。

例えば、

「知ることは自分が変わること」 (養老孟司)

「学べば学ぶほど、自分が何も知らなかったことに気付く、気付けば気付くほどまた学びたくなる」 (アインシュタイン)

などたくさんあります。また、なぜ勉強するのかについて書かれた本もたくさんあります。 一度手にとって読んでみるのもいいかもしれませんね。

今の自分を変えるため、そして、自分を大きく成長させるためにも、まずは、目の前の目標を明確にして学習に取り組んでほしいなと思います。
ec8bcd972b791475f24ae64d5a79e6191_s.jpg



ランキングに参加しています。クリックしていただけるとうれしいです!

塾教育 ブログランキングへ  

にほんブログ村 塾教育へ 

FC2ブログランキングへ